弔電で使われる言葉の意味と文章のまとめかた

弔電のメッセージの中ではよく「心からご冥福をお祈りいたします」というようにご冥福という言葉がよく使われます。このご冥福という言葉は、故人が死んだあとの幸せを意味する言葉であり、死後の幸福を祈るために行う仏事を示します。浄土宗やキリスト教のお葬式などでも特に問題なく使われています。また、弔電の文章の中には、それ以外にも色々なお悔やみの気持ちを表現する言葉が使われます。例えば、「悲報を受け心からお悔やみを申し上げます」といった表現です。ここで使われる悲報という言葉は、予期しなかった時にやってきたものという意味があります。そういった予想しなかった出来事に対する心の動揺が伝わるような表現をメッセージに含めるとともに、結びの文句に関しては、謹んでお悔やみ申し上げますというようにすると、全体的にまとまった文章になるでしょう。

弔電を送る大切さと種類

昔からお世話になっていた親族や親しかった友人の突然の訃報に接した時は、出来る限り、葬儀やお通夜に参列するのがいいかもしれません。しかし、どうしても参列できない場合には、悲報に対するお悔やみの気持ちを伝える弔電を送るようにすることは、故人に対するせめてもの弔いの気持ちを伝えるためのよい方法です。この弔電は最近だとデザインにも様々なものがあり、ベーシックな白黒のものから、刺繍や押し花があしらわれているもの、ブリザードフラワーが添えられているものなど幅広い品が用意されています。ブリザードフラワーであれば、ドライフラワーよりもきれいで柔らかなため仏壇に供えておくことも可能です。花が好きであった人であればおすすめかもしれません。故人がどのような雰囲気の人であったかということや偲びつつ、一番状況に合ったものを選ぶようにするといいでしょう。

弔電を利用しましょう

弔電とは、誰かが亡くなった時に、お悔やみの意を伝える電報のことをいいます。これには多くのメリットがあります。一番大きなメリットは、仕事等の都合により通夜や葬式に参列することができない場合に、電報を打つことによって弔意を表すことができる点です。日々の生活の中で訃報が届くことはしばしばありますが、そのタイミングを事前に知ることができませんから、どうしても通夜や葬式に参列することができないことも度々あります。もっとも、喪主家に対して弔意を示すことは社会人としてのマナーですから、参列できないとしても何らかの手段を講じる必要があります。そこで、弔電を利用すれば良い訳です。現場に行かなくても済みますから、弔意を表すとともにスケジュール的な負担も心配する必要はありません。また、これを送れば弔意を示したことになるので、それ以上に何らかの行動を起こす必要もないので手軽で良いです。なお、電話で弔意を示せば良いとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、喪主家は葬儀の準備等で忙しいため電話をかけるのはマナ-違反と考えられています。弔電ではこのような心配もないので安心です。