弔電を送る時のマナーを覚えておこう

突然お悔やみの知らせを受けた時、どうしても参列出来ない時に電報で弔電を送ることがあります。しかし、いざ送ろうとした時に普段から行うような事ではない為、マナーを知らない方も沢山いらっしゃるでしょう。そんな時の為に予めマナーを把握させておきましょう。まず期日として葬儀の前日までには必ず届くように送りましょう。送り先は自宅で葬儀が行われる場合は自宅へ、斎場の場合は斎場へ送りましょう。そして宛名、宛先は喪主あてにします。喪主の名前が分からない場合は故人のフルネームを書くと良いでしょう。弔電文の中での喪主と故人の続柄には敬称を使って表わすのがマナーとされています。ご尊父、ご母堂、お父様、お母様、お父上様やお母上様といった敬称を使用しましょう。そして忌み言葉を使用するのはタブーとされているので気を付けておきましょう。

できればまとめよう、企業関連の弔電

弔電を受ける側になる機会はなかなかない(むしろない方がいいですが)ものですが、送る側になる機会も多くないのではないでしょうか。企業関連で送るとなると、さらに機会は減ります。よく葬儀の現場で見かけるのが、ひとつの企業の各部署から個別に送られる弔電です。時には各部署の各責任者が個人で送り、一企業だけで膨大な数になることもあります。企業から弔電を送る時にはできるだけまとめることが当家の負担も軽くなりますし、企業側も経費の削減につながります。「○○株式会社○○部一同」という表現を使うと便利です。気になる場合は、企業または部署の代表の方のみ名前を表記し、他を社員一同として送ります。家族以外の人の目に触れ、確認をする可能性も十分にありますので、名前、特に個人名にはふりがなを打っておくことをお勧めします。

突然の訃報にも慌てず、弔電を送るようにしましょう

弔電とは、訃報を受けたにも関わらず、事情があり、お通夜にも告別式にも行くことが出来ない場合に、ご家族に対して、弔意を表す電報を送ることです。取引先の方の訃報の場合に送ることもあります。訃報を受けたら、できるだけ早く送るのがベストです。通常、葬儀や告別式で読み上げられるので、告別式の前までには必ず届くように手配しましょう。訃報の連絡を受けたら、日程、会場、喪主、できれば宗派の確認をするようにします。突然の訃報の場合、慌てて葬儀会場の住所や名前を間違えない様に、落ち着いて手配する事が大切です。文面では、宗派によって使用をしてはいけない言葉(特にキリスト教徒の場合は注意が必要です)や、不幸を連想させる言葉(しばしば、たびたび、再度等)悪いことを連想させる言葉(とんだこと等)といった言葉のマナーには注意を払い、弔電を送る様にしましょう。