御不幸の知らせで弔電を打つ

昨今のご葬儀に関しましての、考え方や、行われ方等は、昔に比べ、大分様変わりしてきているように見受けられます。お身内本当に近親者だけで執り行う家族葬や、密葬のような形式で行われる方が多く見られるように感じています。やはり、金銭的な面に於きましての問題なども考えられるのではないかと思われます。そして、煩わしさからも、逃れる事も、理由の一つではないかと思われます。主に弔問に見えられる方は、亡くなられ方にとりましては関係のない方の場合が殆どの様に耳にしています。実際に、弔問に足を運ぶと、見えられていらっしゃる方たちのほとんどが、故人を偲ばれていないように感じ取る事があります。と言いましても、御不幸の知らせを受けた際には、何かしらの、アクションを取ることになります。せめて、弔電でも、打つべきかなと考えます。

哀悼の意を表現する弔電を打つなら

普段お付き合いがあったりお世話になっている方が亡くなった場合は通常なら葬儀へ向かうものですが事情があって行けない時、弔電は哀悼の意を表すアイテムとなります。ですから、その気持ちが十分に伝わるようなデザインや文面を考えたいといえます。さらに最近ではパソコンからさまざまな弔電を打つ事が可能ですから、いろいろと検討したいところです。昔からのベーシックなタイプ以外にも美しい刺繍や押し花をあしらっていたり、お悔やみの花束と電報がセットになったプランもあります。ただの電報ではないそういった心遣いは、先方のご家族や亡くなった方へもきちんと届くはずです。インターネットで調べれば、どのような会社がどういった内容の弔電を取り扱っているかが分かりますから、時間がなかったとしても十分に対応できます。特別な手続きも必要なく、パソコンや携帯電話を操作するだけでも哀悼の意を表現することは可能です。

お悔やみの気持ちを弔電で

弔電は、突然の訃報を受けた時に事情により通夜、葬儀・告別式への参列が出来ない時、故人の冥福をお祈りすると共に喪主や親族に対するお悔やみの気持ちをあらわした電報を送ることを言います。弔電の内容ですが、遺族の悲しみを考えながら、失礼の無い文面にします。自分で文面を考えても良いのですが、あらかじめ用意されいる文面を選べば間違いありませんが、さらに故人へ伝えたい気持ちを表す一言を添えると、より哀悼の意が伝わるでしょう。前日までには、通夜、葬儀・告別式が行われる場所(自宅や、斎場)に喪主宛てに届くように手配しましょう。遅くとも葬儀・告別式が始まる前には届いていることがマナーです。以前は電話での申し込みが主流でしたが、今ではネットで申し込みも可能ですし、各会社のオリジナル台紙や文面なども豊富に取り揃えられています。故人への気持ちが一番伝わると思えるところに申し込むと良いですね。