弔電をインターネットで注文する

不幸があった際に弔問に訪れたくてもそれが出来ないことがあります。例えば遠方で行われる場合であったり、家族葬で一般の弔問客を受け付けていない場合にはお悔やみの気持ちを伝えることが困難になります。それでも何とか言葉だけでも伝えたい場合には、弔電を贈ると良いです。今はインターネットから選んで送付をすることができます。送付先についても間違えることがないように何度も確認をすることが出来るのが、従来の電報とは違います。台紙も様々なものがあり、金額に応じて選択をすることもできます。またコストダウンを考えて、企業で契約をしている電報の専門業者もあります。電報は元々気持ちを伝えたり、用事を伝えるものとして利用されていたのですが、最近では進化をしています。その場にふさわしいデザインのものを選ぶことが出来るようになっています。

葬儀に出席できないときには弔電を送りましょう

知っている方が亡くなってどうしても葬儀に駆け付けることができないときには「弔電」を送りましょう。のこされた遺族の方たちへのお悔やみの言葉と共に、生前お世話になった故人の方への感謝の気持ちを自分の言葉で伝えると良いですね。弔電にはお悔やみのメッセージのみを送るシンプルなタイプから、ブリザーブドフラワーが付いたもの、お線香が付いたものなどいくつかの種類があります。亡くなった方との関係に応じてふさわしいものを選びましょう。亡くなった方が親しい間柄や親類などの場合には、供花を送る場合もありますね。急な不幸で焦ってしまうことも多いですが、弔電、供花など送る場合には、葬儀会場の名前・住所・電話番号・葬儀の時間など必要事項を落ち着いて調べておきましょう。やむを得ず葬儀に出席できないときには、せめてものお悔やみの気持ちを届けることが大切です。

弔電を送る時の注意について

弔電は、故人の訃報を聞いて葬儀・告別式に参加できない人が故人への弔意を表すためにうちます。宛先は葬儀が行われる式場です。自宅にうっても、遺族の方々は、葬儀場に行って居る場合が多いですから。葬儀場で、この種類の電報は披露されますので、訃報を聞くとすぐに電報をうち、葬儀の時間に間に合わせましょう。電報と言えば「116」に電話してうつ物でしたが、現在はインターネットを利用した方が、文面など推敲できて便利です。宛先は喪主の方ですが、知り合いがその親族の方の場合、喪主の方の名前と知り合いの方の名前の両方を書きましょう。弔電には造花つきのものと、台紙の物がありますが、式場では弔電披露をしますので、造花付きの物は、遺族に誰から来たのかの判別が出来ない場合もあります。遺族の方を慰めるのは定型の文章では無くて、送り主と故人を結び付ける独自の文章を入れる事です。送り主から遺族への短い手紙と言う気持ちでこの種類の電報を送る事をお勧めします。